京都きものセンター

お問い合わせ 0120-10-6300

奈良の反物買取は、反物買取専門の京都きものセンターへ!

奈良の反物を高価買取いたします
奈良は万葉の時代より、たいへん歴史の古い地域です。奈良時代には平城京を中心に栄え、シルクロードの終着点としても国際色豊かな文化に満ちておりました。

中国はもとより、遠くインド、東南アジアの美術、文化の片鱗がうかがえるのは、奈良が国際都市として多くの外国文化を受け入れた証です。

古事記、日本書紀、万葉集など古い歴史書、歌集めが編纂され、東大寺、法隆寺、薬師寺など飛鳥、奈良時代に古い寺院が建立されました。


奈良県 奈良市 奈良県 大和高田市 奈良県 大和郡山市
奈良県 天理市 奈良県 橿原市 奈良県 桜井市
奈良県 五條市 奈良県 御所市 奈良県 生駒市
奈良県 香芝市 奈良県 葛城市 奈良県 宇陀市
奈良県 山辺郡 奈良県 生駒郡 奈良県 磯城郡
奈良県 宇陀郡 奈良県 高市郡 奈良県 北葛城郡
奈良県 吉野郡

その他、市郡町村など

奈良のお客様で反物をお持ちの方は、
ぜひ京都きものセンターへご相談ください。

__奈良の出張買取紀行__
京都から国道を南下してゆくと奈良市街に入ります。
さらに東大寺方面へと東へ曲がると、奈良公園が見えてきて、
名物の奈良の鹿がたくさん闊歩しております。

今では観光の外国人の方も奈良の鹿に餌をあげ、触れ合い楽しんでいるとか。
奈良や厳島の鹿は、「神の使い」として「神鹿(しんろく)」とも称されているとか。

お話は奈良時代に遡りますが・・・
春日大社には武甕槌命(たけみかづちのかみ)という神様が祀られています。
武甕槌命は茨城県の鹿島神社から奈良へやってくる際に
白い鹿に乗ってきたと謂われております。
その為に奈良では、鹿は神聖な生き物として崇められるようになったそうです。


大量の反物 仮絵羽など呉服在庫品の買取


京都きものセンターの買取ページをご覧いただき、まことに有難うございます。
当社はお客様のご要望に応じて、反物、呉服在庫を全国に出張して買取しております。

昭和の時代に栄えた呉服産業のもと、全国各地で大量の反物、仮絵羽商品が売り買いされました。
問題なのは、この大量に生産された反物などの呉服商品を遺品として受け継いだお若い方々が、
ご処分にたいへんご苦労されております。

昭和時代の古びた反物でも大丈夫です。着物の街、京都にて呉服專門で長年商売を続けてきた
京都きものセンターは、古くなった何百、何千という反物を大量買取しております。
査定当日に現金決済にて買取価格をお支払いし、即日に大量の反物を引き取り致します。

ご父母、ご祖母より家いっぱいの反物を引き継いでお困りの方、
ぜひ一度、京都きものセンターへご相談ください。お電話、メールのほうお待ちしております。

ごあいさつ

わたしたちのおもい

当社は熟練スタッフのみで経営を行う老舗反物買取専門店です
スタッフひとりひとりの顔がみえる対応が特徴です
それはお客さまのリピート率にも表れております
友人に気軽に相談する気持ちでぜひ一度お電話ください

こだわり

お客さまひとりひとりと向き合う買取を心がけております
着なくなったものの捨てるには忍びない
そんな気持ちを着物の思い出とともに当社がお引き取りします
ぜひ一度ご相談ください

祇園祭について

京都の7月は日本三大祭のひとつである祇園祭に人々は酔いしれます。
当社は毎年南観音山の前で売り出しをしております。

コンチキチンの音色が流れ、写真のような明るい提灯のともしびが、
大勢の観光客で賑わう古都の街を照らしだします。

当社にゆかりの深い南観音山は祇園祭りには華やかな提灯が。雅に夜の京を照らします。
そして宵山の夜にはあばれ観音が不思議な情緒に。
南観音山の本尊である楊柳観音をぐるぐる巻きにして激しくゆさぶる行事です。

おきもの美術館bv京都きものセンター

当社が誇る珠玉の呉服の数々。どうぞクリックしてご覧ください。


竹田城と京都きものセンター

京都きものセンターは「竹田屋」の屋号を掲げております。
竹田屋は兵庫県朝来市の古城「竹田城」にゆかり深い
たいへん古い屋号であります。
当社の屋号「竹田屋」の詳細については、下の画像をどうぞクリックしてご覧ください。↓

↑ PAGE TOP