京都きものセンター

三重 打掛買取
京都きものセンター

三重県は伊勢国・志摩国・伊賀国・紀伊国から構成されており、
昔から伊勢神宮へのお伊勢参りが有名でした。

戦国時代には、伊勢国は北畠市、神戸市が統治し、志摩国は九鬼氏が強い勢力をもっていました。
織田信長はこの地に進出しようと、息子の織田信雄を送り込みます。
そして長島一向一揆と戦い、また天正伊賀の乱にて伊賀郷士と戦います。

この時代に織田信長に追い詰められたいわゆる伊賀忍者でしたが、江戸時代になると
徳川家康に重用されて、江戸幕府において重要な役割を担うようになります。

三重県 津市 三重県 四日市市 三重県 伊勢市 三重県 松阪市 三重県 桑名市
三重県 鈴鹿市 三重県 名張市 三重県 尾鷲市 三重県 亀山市 三重県 鳥羽市
三重県 熊野市 三重県 いなべ市 三重県 志摩市 三重県 伊賀市 三重県 桑名郡
三重県 員弁郡 三重県 三重郡 三重県 多気郡 三重県 度会郡 三重県 北牟婁郡 三重県 南牟婁郡
その他、市郡町村など

三重のお客様で打掛をお持ちの方は、
ぜひ京都きものセンターへご相談ください。

__三重出張買取紀行__


お伊勢参りの言葉につられて、伊勢神宮辺りを通ると、なにか厳かな心境になるのは私だけでしょうか。
その昔に天照大御神は永遠に鎮座する土地を求めて、都から離れているが美しい国、伊勢を所望されたとか。

伊勢の穏やかな気候や、山や海の幸が芳醇な土地柄が、このような神話に繋がったのかもしれません。
お伊勢参りは庶民だけでなく、歴史上の人物も行ったとか。
平清盛、足利義満、織田信長。足利義満にいたっては十回以上お伊勢参りしているそうです。

貸衣装店の大量打掛を買取

貸衣装店では遺品整理や在庫整理の際に大量の打掛、振袖、帯、ゾーリなどの小物が 出てきて処分に困るという話をよく聞きます。
呉服屋、貸衣装店などが在庫として仕入れされた、 打掛、振袖、二尺袖、男性の紋付着物、七五三着物。

また反物や帯や仮絵羽、帯締め、帯揚げ、重ね衿、バックなどの 和装小物は、通常なかなか処分に困ります。
お店の整理をしようとお考えのかた、 または遺品としてお店の大量の呉服を譲りうけたかたは是非ご相談ください。

京都きものセンターは未仕立て、仕立て上がりを問わず、大量の呉服全般の商品を買取しております。

呉服店の廃業品、不要在庫の処理にお困りなら、ぜひ当社までご連絡ください。手数料無料の出張買取のご相談お伺いいたします。 お支払は現金でおこなっております。また、宅配買取も可能です。一度、打掛買取専門店の京都きものセンターへお電話ください。呉服買取のプロがスピーディーに対応させていただきます。

京都きものセンター

おきもの美術館

当社が誇る珠玉の呉服の数々。どうぞこちらをクリックしてご覧ください。

出張買取

こちらに近日の無料出張買取予定表を掲載中。日本全国に出張買取しておりますので、遠慮なく日程をご相談ください。お客様のご要望をお伺いして、ご訪問させていただきます。

買取専用フリーダイヤル 0120-10-6300

京都を彩る祇園祭

京都の7月は日本三大祭のひとつである祇園祭に人々は酔いしれます。当社は毎年南観音山の前で売り出しをしております。 コンチキチンの音色が流れ、写真のような明るい提灯のともしびが、大勢の観光客で賑わう古都の街を照らしだします。当社にゆかりの深い南観音山は華やかな提灯で、雅に夜の京を照らします。 そして宵山の夜にはあばれ観音が不思議な情緒に。南観音山の本尊である楊柳観音をぐるぐる巻きにして激しくゆさぶる行事です。

当社の情報

株式会社 京都きものセンター
〒604-0066  京都府京都市中京区油小路通二条上る
フリーダイヤル 0120-10-6300
★ご来店の際は必ずご予約をお願いいたします。
古物商許可証 (京都府公安委員会第611020130005号)
E-mail takedaya@giga.ocn.ne.jp