本文へジャンプ
東京都 呉服買取専門の京都きものセンターへ!


久保田一竹の呉服の買取
呉服買取専門店 京都きものセンター


久保田一竹の「辻が花」はまさに美の極致というべき、染色工芸品の極みでございます。
その実力は日本のみならず、 世界に認められ、フランス文化勲章を受章しております。
室町時代に一世風靡した「辻ヶ花」は江戸時代となると
突然姿を消し、別名“幻の染め”とも呼ばれます。
その世界を独自の感性で蘇らせたのが久保田一竹氏です。

一竹氏は手描き友禅を生活の糧としながら、研究を続け、
60歳にして初めて納得のいく作品を完成させました。
これが「一竹辻ヶ花」と命名された逸品お着物の始まりです。

それは、選ぶ生地に始まり、計算されつくした構図の美学、
色彩の魅力、染の加工、気の遠くなるほどに緻密で
正確な絞りの針通しなどによって生み出されるもので、
一竹氏の技なくしては、表現できない極地です。


●〇●___●〇●___●〇●
手数料無料の出張買取のご相談お伺いいたします。
お支払は現金でおこなっております。
また、宅配買取のご相談ものっております。

一度、呉服買取専門店の京都きものセンターへお電話ください。
呉服買取のプロが対応させていただきます。

□京都きものセンター美術館■
当社が誇る珠玉の呉服の数々。どうぞクリックしてご覧ください。




近日の無料出張地域を掲載中。日時・地域があえばスピーディに買取に伺います!
日本全国に出張買取しております。ご遠慮なく日程のご相談ください。
出来る限りお客様のご要望をお伺いして、ご訪問したいと思っております。

買取専用フリーダイヤルTEL 0120-10-6300


お得な情報
京都を彩る祇園祭 不用品の御処分
京都の7月は日本三大祭のひとつである祇園祭に人々は酔いしれます。当社は毎年南観音山の前で売り出しをしております。

コンチキチンの音色が流れ、写真のような明るい提灯のともしびが、大勢の観光客で賑わう古都の街を照らしだします。

当社にゆかりの深い南観音山は祇園祭りには華やかな提灯が。雅に夜の京を照らします。
そして宵山の夜にはあばれ観音が不思議な情緒に。
南観音山の本尊である楊柳観音をぐるぐる巻きにして激しくゆさぶる行事です。

ご遠方からご実家に戻られて遺品整理などされるお客様が多いです。
時間も限られたなかで、皆さま残されたお品の片付けにたいへん苦労されております。

なかでもお着物の買取の際に、家の家財などの御処分にお困りの方が多いです。
家の整理、片付けにお困りの場合、お見積りのうえ有料引き取りいたします。

買取の呉服がある場合は買取分との差し引きになります。お気軽にご相談ください。



株式会社 京都きものセンター
〒604-0066  京都府京都市中京区油小路通二条上る
TEL 0120-10-6300
★ご来店の際は必ずご予約をお願いいたします。
古物商許可証 (京都府公安委員会第611020130005号)
E-mail takedaya@giga.ocn.ne.jp

●京都きものセンターニュース●

Copyright (C) 2017 株式会社京都きものセンター All Rights Reserved